交通事故での医療機関(整形外科・病院)との上手な通院方法

目次(クリックで開閉)
一番最初に当院へお越しください

大事なポイント!

①保険会社から指示を受ける前に、まずは当院にご相談ください。(被害者にベストな指示が受けられるとは限らないため)

②事故後できるだけ早く来院してください。※最低でも2週間以内(この期間を過ぎると患者様が不利益を被る恐れがあります)

交通事故無料相談ダイヤル

医療機関(整形外科・病院)の対応

医療機関の対応
交通事故に遭った際には、まず医療機関にて受診を行う必要があります。
受診の際にMRI・レントゲンといった機器を用いて精密検査を行う必要があるからです。
精密検査を行うことで、骨折や組織の損傷を確認し、手術が必要か否かなど判断し、痛み止めや湿布なども処方してもらえることも医療機関の特徴です。
診断書を作成してもらえることも特徴です。保険を利用した通院を行う際は、診断書が必須となりますので忘れずに作成するようにしましょう。

整骨院の対応

整骨院の対応
整骨院では、医療機関で判断が難しい異常(MRI・レントゲンで異常なし)に対応する施術法が豊富です。
特に、むちうちの症状は、医療機器を用いた診断が難しいため、整骨院の得意とする症状でもあります。
医療機関では手術や薬を用いた治療がメインとなることに対し、整骨院では、手技をメインとした施術を行います。直接触れて施術することで、患者様の状態を確認しやすく、一人ひとりに合わせた施術を用いることが可能となります。
受付時間の違いもあります。医療機関と比べて整骨院は夜間でも診療を行っている所が多いです。(当院は、平日19時30分まで)
一番の大きな違いは、患者様と接する時間が多いために、しっかりと向き合える時間が多いということです。
それぞれが抱えている「心理的・身体的・社会的な不安」に対して時間をかけて向き合えることで、症状に収まらないケアが可能な点も大きな特徴です。

医療機関(医療機関・病院)との上手な併院方法

医療機関と整骨院には、それぞれに良い所があります。
どちらか片方に通院しているから大丈夫というお考えでも問題はありません。
ですが、どちらも通院(併院)することが改善への近道となることは確かです。
このため、当院では医療機関と整骨院を併院していただくことを推奨しています。
以下に状況別による通院方法を整理しましたので、ご一読ください。

交通事故直後
交通事故に遭った際はまず「医療機関」にて受診を行います。この際、診断書を書いて貰うことも忘れないでください。外傷がないにも関わらず、痛みが発生している場合は精密検査(MRI・レントゲン等)を行うことも必要です。また、交通事故直後ではなく、数日してから痛みを感じる方も多くいらっしゃいます。その際も、同じように受診してください。
症状による通院方法
骨折や骨折後のリハビリ 医療機関にて骨折と診断された後は、ギプスが外れるまで医療機関にて通院が必要となります。処置されたギプスが外れた後の「リハビリ」に関しては、整骨院でもサポートを行っており、通院することが可能です。
長期間ギプスで固定した後は、どうしても筋力が低下しているため、手技をメインに筋力UPのトレーニングやストレッチを行い、過度な負担を掛けずにじっくりと回復させて行きます。
この際も、医療機関・整骨院合わせて通院することは可能ですので、早期回復を目指すのであればどちらも通院する方が望ましいでしょう。 むちうち症、腰痛(腰部捻挫) むちうち症と腰痛(腰部捻挫)の恐い所は、後遺症になる可能性がある所です。目立った外傷がないため、放置していたという方が多い症状で、治療開始が遅れれば遅れる程、完治への道のりも遠くなります。
このような恐れを避けるために、事故直後に違和感などなくても医療機関での診断を受け、医療機関・整骨院の両方通院することで後遺症を残さないようにしましょう。

医療機関(医療機関・病院)からの転院方法

治療の際に通院する医療機関もしくは整骨院は、どちらか一方のみ通われている方がほとんどでしょう。
ですが、通院してみたものの、自分の身体に合ってないと感じられる方も少なくありません。(湿布だけで済まされる等)このような場合、転院もしくは併院することが可能です。転院・併院を希望される方は、当院までご相談ください。

通院する医療機関・整骨院の選択肢は患者様にあります
保険を利用して交通事故治療を行う際の医療機関・整骨院の選定は、患者様に選択する権利があります。保険会社から医療機関を指定されることがありますが、納得できないのであれば従う必要はありません。
転院や併院する際も同様であくまで権利は患者様にあるので、納得できる医療機関・整骨院を選択してください。
転院の方法について
転院を希望される際に、よく「手続きが大変そう」といった声をいただきます。
確かに保険を適用して通院を開始するまでに面倒な手続きがあったのかもしれませんが、転院に関してはそうではありません。
面倒な手続きは不要で、「転院する意思」と「転院先の情報」を保険会社の担当者に伝えるだけで完了となります。

転院・併院先を選択することは患者様の権利です

まずはじめに、治療に関する転院・併院先を選択することは患者様の権利です。
そもそも「治す」ために通院するのですから、自身の身体に合わない施術で回復しなかったのでは本末顛倒です。
「保険会社から指定されているから…」「納得はできないけど揉め事は嫌だから…」
といった理由で、万全の施術を受けられないのでは将来的にも不幸かと思います。
まず第一に、ご自身のお身体を最優先にしてこれからの治療のことを考えてください。
当院では、上記のようなお悩みをはじめ交通事故に関する様々なご相談を承っております。
ご相談を希望される方は、お気軽にお問い合わせください。

吉祥寺のたかの総合整骨院での交通事故治療の症例

K.A様 男性 井之頭在住
voice_1607_06 整形外科での治療が多かったのですが、痛みがしばらくするとまた出て来る感じでした。
こちらにお世話になってから、痛みが小さくなり、また、姿勢が良くなった事で全体的に体調が良くなっています。長年苦しんでいた長時間の乗り物後の背中の痛みも、正しい姿勢になると大幅に楽で驚きました。
事故の治療後も、継続的にメンテナンスに伺いたいです。

>>トップページへ戻る

お問い合わせ
  • ウェブ予約はこちら

交通事故での医療機関(整形外科・病院)との上手な通院方法

たかの総合整骨院 きまぐれブログ

  • 地図
    ※ご利用の際は、駐車証明書を必ずお持ちください。
    ※店舗前の駐車スペースが満車の際は、近隣タイムズをご利用ください。
    ※店舗ご利用の方 = 30分無料
    (3,980円以上ご利用の方は1時間無料
  • 個室ルーム完備
  • 長時間の史実でも、ゆっくりおくつろぎ頂くことができます。
  • お子様連れのお客様も周りを気にせずご利用頂けます。
  • カードのお支払い可

たかの総合整骨院line@

たかの総合整骨院Instagram

三鷹あゆむ整骨院・鍼灸院